ABOUT

本当に美味しい
黒毛和牛を味わってほしい

皆様にお肉の美味しさを存分に味わってもらいたい想いから、厳しい審査をクリアした安心安全な仙台牛と山形牛の黒毛和牛をご提供しております。
高品質で様々な部位を取り扱っておりますので、ステーキや焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶなどご家庭で楽しめることはもちろん、贈り物用にも最適です。

仙台牛のこだわり

仙台牛の名で出荷されるものは、そのおよそ4割。
霜降りと赤身のバランス、きめの細かさなど厳しい基準をクリアし、
最高ランクに格付けされた牛肉だけが「仙台牛」の称号を得ることができます。
Sendaibeef Point 01

食の安全・安心の流れ

お客様が安心できる宮城県産牛をお届けするため、宮城県からの委託により厳しい管理の下に放射性物質・と畜検査等の全頭検査を行っているため、全体的に品質が安定しております。

Sendaibeef Point 02

「仙台牛」の食味

サシが細かく、脂のうまみが濃い口当たりが良くやわらかで、まろやかな風味と豊かな肉汁が特徴です。
脂肪と赤身の絶妙なバランスから生まれるその上質な食味は、ふるさと宮城の自然によって育まれています。

山形牛のこだわり

山形県内において、最も長く肥育・育成された未経産および去勢の黒毛和種で、
公益社団法人日本食肉格付協会が定める肉質4等級以上のものを
山形牛てとして認定しております。
Yamagatabeef Point 01

山形牛の特長

深い味わいとまろやかな脂質が魅力の山形牛総称「山形牛」の産地山形県の自然は、四季がはっきりしており、「夏暑く、冬寒く」また、「昼夜の寒暖の差が大きく」、その風土の中で丹精込め長期にわたり肥育された黒毛和種は、肉のキメが細かく、食味が美味しい牛肉といわれ、その美味しさの秘密は脂質にあるといわれております。

Yamagatabeef Point 02

山形牛の由来

山形牛の史実については、遠く「大宝厩牧令」の発布のころに始まるとされていますが、特に天和元年(1681年)米沢藩主上杉綱憲公の文書によると、置賜地域では南部地方(岩手県)より「上り牛」と称して2~3才の牛を移入し、農耕・運搬・採肥の目的で飼育したかたわら、牛の肥育を始めたところ、風土に恵まれ、良い肉牛が産出されました。

我那覇畜産アグー豚のこだわり

Agu Point 01

アグー豚の餌へのこだわり

我那覇畜産では、安全・安心で美味しい豚肉を提供できるように、様々な工夫を行なっています。
特に、餌には強いこだわりがあり、ウルカル(天然カルシウムの与那国島産化石サンゴ。マグネシウム、カリウム、りん、鉄分など、70余りのミネラルが含まれる)、よもぎ、にんにく、海藻、糖蜜にアガリスク、オリオンビールの乾燥酵母、昔から使われてきた泡盛のカシジェー(もろみ粕)、ぐしけんパンのくずパンを再利用したパン粉などを使用しています。
水もやんばるの恵みを一身に受けた自然水を与えており、豚の口にするものにはとことんこだわっています。

Agu Point 02

飼育管理へのこだわり

アグー豚は、発育速度が遅く出生数も少ないという欠点もありますが、頭数を多くすると管理が行き届かなくなるため、飼育頭数を限定することで生産者が毎日【責任を持って】面倒をみることができる頭数に絞っています。
そうすることにより、豚一頭、一頭に目を向けることができ、体調の異変にもすぐに気が付く事ができるため、豚はのびのびとストレスなく育っていくことができます。

閉じる (esc)

Popup

Use this popup to embed a mailing list sign up form. Alternatively use it as a simple call to action with a link to a product or a page.

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

検索

カートに商品が入っていません。
買い物を続ける